ユニフォームの選び方

女性が必ず迷うつなぎのサイズ選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性にとってつなぎのサイズ選びは最も難しい

こんにちは。佐藤です。

唐突ですが、つなぎのサイズ選びって難しくないですか?
自分に適したサイズで選ぶと小さかったり、大きかったり。。。

普段のTシャツやパンツと同じようにつなぎのサイズを選ぶと失敗する事が多いです。

男性はある程度、自分の普段着ているサイズに近いサイズを選べばいいですが、女性はそうはいきません。
なぜなら、大半のつなぎは男性のサイズをメインに作られています。

昔はつなぎを着るのは男性だけだったのですが、最近は女性でもつなぎを着ます。

農作業はもちろん、ダンス,文化祭,体育祭,コスプレなど。
さらにはアイドルの推しメンのカラーのつなぎを着てコンサートに行ったりもします。

私の体験談ですが、お客様より急ぎで紫のつなぎが欲しいと電話がありました。
理由はとあるジャニーズのグループが大阪でコンサートがあり、急遽チケットが手に入ったからつなぎを着て行きたいと言っていました。

連絡があったのは、コンサートの前日の朝でした。
通常の発送では絶対に間に合いません。

1度間に合わないと伝えた後に、私は1つ提案があるとお客様へ言いました。

「コンサート会場とアパレルバンクの所在地は同じ大阪だったので、会場までお届けします」
コンサートの開始時間が11時頃だったので、それまでにつなぎを手に入れて渡そうと思いました。
お客様は半分泣いた感じで私の提案に了承して下さいました。

お客様の希望サイズが分からなかったので、3種類のサイズを用意しました。
翌日の朝、コンサート会場の入り口でお客様と待ち合わせをして、つなぎを試着してもらい、適したサイズのみを渡して無事にミッションクリア!
コンサート会場まで自転車で30分ほどでしたが、お客様がとても喜んでくれて本当に良かったです。

アパレルバンクの佐藤は、即興でメッセンジャーになったりもします。笑

この時に実際にお客様へ渡した商品がこちらです。

桑和 9000 長袖つなぎ

かなり話が脱線しましたが、今回は女性のつなぎのサイズ選びについて深く掘り下げていきたいと思います。

大半のつなぎは男性用のサイズである。

女性がつなぎを着るようになったのは最近のことだと思います。
もともと、つなぎは整備士などが着る制服でした。

働く人も大半が男性で、女性はいないに等しかったので自然と男性用のサイズが作られました。

最近では、テレビの企画などで女性タレントがカラフルなつなぎを着ている場面を目にすることが多くなった影響で女性にも人気が出ました。

男性はワンサイズアップ,女性はワンサイズダウンがベスト!

つなぎは男性の体型を元に作られています。
人によって体型に差があるので、男性はワンサイズ大きいサイズを選びましょう。
窮屈な状態でつなぎを着るとストレスしかありません。
【着にくい】【脱ぎにくい】【動きにくい】
ストレスの塊です。

女性の場合は、ワンサイズ小さいサイズを選びましょう。
自分の身長とウエストをサイズ表で比較しましょう。
そうすると3サイズ位に絞る事ができます。

例えば、SS~Mサイズに絞り込みができたとします。
普段着ているユニセックスの服がMサイズだったら、つなぎのMサイズだとかなり余裕が出てきます。

ゆったり着たい場合は、Mサイズで良いでしょう。
SSサイズだとジャストサイズになり窮屈になります。
少しゆったり目が良い場合は、Sサイズを選びましょう。

私は女性にはSサイズをオススメしています。
なぜなら、私は男性でMサイズが丁度いいサイズだったからです。

172cmで体重が63kgの私がMサイズで丁度いいサイズだと、大半の女性はMサイズだとかなりゆったり目になります。
女性に身長は聞けても、体重やウエストは中々聞けない事も加味してSサイズを提案しています。

これでサイズ選びに失敗しないでしょう!

つなぎにも言える事ですが、着用する場面と、どうやって着たいかをイメージして選ぶ事が重要ですよ。

このブログを書いている時に、無性にPUFFYやHALCALIが聞きたくなりました。
その理由がわかる人は私と同世代ですね。笑

さて、これから衣替えをしようと思います!
みなさんも風邪をひかない様にしましょう!

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

RSS ユニフォーム大辞典佐藤マガジン