ユニフォームの選び方

インナーの重要性をご存じですか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インナーの重要性をご存じですか?

こんにちは。
暑くなってくるこの季節、夏の暑さ対策は大丈夫ですか?
最近は携帯用の扇風機を見ても驚かなくなりましたね。
逆に、街中でうちわを配ってる人が少なくなった気がします。

インナーの重要性

暑い夏場こそ、インナーを着ることをおすすめします。
Tシャツ1枚やワイシャツ1枚だけだと汗をかいたときのシミが目立ちますよね。
インナーは汗を吸収し汗臭いニオイも抑えてくれるとても優秀なアイテムなんです。
クールビズでノージャケットになると、インナーが重要になってきます。
ビジネスシーンでインナーを着てないと汗が直接しみ込んでいると見た目にも良くないですし相手にも不快感を与えてしまいます。
暑い夏だからこそ素早く汗を吸収してくれるインナーを着用しましょう。

数ある種類からどのようなインナーを選べばいいか?

インナーといってもいろんな種類があります。

丸首

丸首Tシャツは、脇下の汗もしっかり吸収してくれるのが特徴で汗をかきやすい人におすすめです。
また値段もお手頃で入手しやすいのも特徴です。
ただし、Yシャツのボタンを開けるとインナーが見えてしまうので気を付けないといけません。

タンクトップ

袖がないタンクトップタイプのインナーです。
袖がないので涼しく感じやすくなるのですが、その分布面積が少なくなるので汗を吸収しずらくなってしまいます。
首回りが広いのでYシャツから見えないのが特徴です。
しかし脇下に汗染みができてしまうので気を付けましょう。

ノースリーブタイプ

首回りがV字でインナーとしても見えないので、見た目もよく体にフィットしやすいのが特徴です。
ただし、汗をたくさんかく人にはあまりお勧めしません。

バランスがいいVネックタイプ

首周りがV字型でインナーとしても見えずらく、袖もあるので脇下の汗も吸収してくれるバランスのよいインナーになります。

まとめ

ビジネスマンには上記のインナーがおすすめですが、作業服をきて仕事をする人たちにはやはりコンプレッションシャツがインナーにはおすすめです。
疲労感の軽減やスタミナ向上など体をサポートしてくれます。

いかがでしたか?インナーの重要性について理解できたでしょうか。
吸水速乾のものや、接触冷感などこの夏を快適に過ごすためにも、自分に合ったインナーを見つけましょう。

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る