ライフスタイル

服に着いた毛玉を簡単に取る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
服に着いた毛玉を簡単に取る方法

セーターやスウェットに着いた毛玉を取りたい。

こんにちは。佐藤です。
衣替えも無事に終わり冬支度もできました。
みなさんは衣替えは済みましたか?

これからは急に寒くなってくるので早めに衣替えをしましょう!

さて、早速本題ですが、衣替えをした時にお気に入りのセーターやスウェットに毛玉がたくさんついていました。。
なんであんなに毛玉が付くんですかね。
お気に入りの服だっただけに着れないのでショックです。

皆さんも同じような思いをしたことありませんか?

今回はこの毛玉について調べてみました。

毛玉ができる理由

まず、セーターやスウェットに毛玉ができる理由は、摩擦です。
生地が擦れて、表面が毛羽立ち、絡まって毛玉になります。
糸くずを手の平や指で丸める原理と一緒です。

一番多い原因は洗濯の仕方です。
他の衣類と一緒に洗濯する時に、服同士が摩擦されて毛玉ができます。

また、普段着ているときにこすれる部分にも毛玉ができやすいです。
脇や袖口などは日常的に擦れやすいので、毛玉ができやすいです。

毛玉をできにくくする方法

毛玉ができやすい条件を避けることで、毛玉の発生を抑えることができます。
毛玉をできにくくする方法をいくつか紹介します。

洗濯ネットを利用する

洗濯ネットに入れて洗濯する事で、他の衣類との摩擦を防ぐ事ができます。
摩擦が発生しにくい洗濯ネットの入れ方は、きちんと折りたたんで少し小さめの洗濯ネットに入れるのがポイントです。

ネットの大きさから少しはみ出るを目安にたたんで入れる事で、なるべく動かないように洗うことができます。

バッグの持ち方を変える

普段使っているバッグを毎日同じ持ち方で持っていると、肩回りや腰付近の生地が擦れてしまいます。
これも毛玉ができる原因なので、持ち方を変えてみましょう。

重ね着をする時に注意する

基本的に毛玉は、繊維の毛足が長い素材や、混紡糸と言った天然繊維と化学繊維とが組み合った素材に起きやすいです。
そのため重ね着をする際に、パーカーとインナー素材の関係性や大きさなどに注意する必要があります。
インナーが大きく、パーカーが小さいと、必然的に脇あたりに毛玉が出来る可能性が高くなります。
硬い繊維や柔らかい繊維の違いでも、摩擦が強くなり毛羽立ちが強くなります。

毛玉ができてしまった場合の対処方法

毛玉の発生を完全に防ぐことは不可能です。
日常生活で何回も着用すると、必ず毛玉はできてしまいます。

そこで毛玉ができてしまった場合の、対処方法を紹介します!

その前に絶対にしてはいけない事が1つあります。

指でむしり取るのは厳禁!!

毛玉ができてしまっても、絶対に指でむしり取ってはいけません!!

指でむしり取ると、むしり取った部分の生地が薄くなってしまい、穴が空いてしまう恐れがあります。
また、むしり取った跡が毛羽立った状態になり、毛玉ができやすくなります。

絶対に指でむしり取らないで下さいね!!

それでは、毛玉を取る方法を紹介します。

毛玉取り機を使う

もっとも一般的な毛玉を取る方法は、毛玉取り機を使用する事です。
毛玉をカットする為に開発されているので安心して毛玉を取る事ができます。

毛玉取り専用ブラシを使う

ブラシの先で軽くブラッシングするだけで毛玉が取れます。
ブラシの値段はそこまで高くないので毛玉取り機よりも手に入れやすいです。

眉毛カット用のハサミを使う

眉毛カットのような、なるべく小さなハサミを使うことで、毛玉をキレイに取る事ができます。
もっとも原始的なやり方ですが、生地を傷めずに毛玉を取る事ができます。

T字カミソリを使う

T字カミソリを使う時は応急処置です。
カミソリは刃物なので、糸や生地が簡単に切れてしまいます。
使用する際は、充分気を付けて行ってください。

なるべく服にシワがつかないように平置きして、表面をなでるようにする事で毛玉を取る事ができます。

まとめ

セーターやスウェットは毛玉ができやすい衣類の1つです。

毛玉の発生は防ぐことができません。
毛玉ができたら、焦って指でむしり取らずに、正しい方法で取りましょう。

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る