ユニフォームの選び方

防炎作業服の選び方 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
防炎作業服の選び方

防炎作業服MaxDyna、どのくらい火に強い?

こんにちは。佐藤です。

前回、火を扱う現場で一般的な作業服を使用することの危険性についてお話しましたが
参考になったでしょうか?
今回はその問題を解決するための必須アイテム…
防炎作業服の新素材MaxDynaについてお話したいと思います♪

【MaxDynaとは】
MaxDynaは熔接などの火器を扱うハードな現場でも耐える事ができる高防炎加工素材です。
コットン100%素材や防寒性に優れたフリース素材を使い、高い防炎性を実現することに成功しました。

今までは、火気を扱う仕事を行う方には綿100%の素材をオススメしていました。
その理由は、綿100%の素材はポリエステルなどの混紡の素材に比べて火に強く素材が溶けにくいからです。

ただ、綿100%の素材は決して防炎素材というわけではありません。
でも…MaxDynaも同じ綿100%。
それでいて、特殊な加工を施し防炎を実現しています。

何が違うのでしょうか?

早速、解説していきたいと思います。

1.防炎性能試験をクリア!


見てください。こんなに違うんです。

一般的な綿100%の場合、着火後15秒ほどで炎に包まれます。
そして、着火30後には完全に素材が燃え尽きます。

しかしMaxDynaはどうでしょう。
炎が全く見当たりませんよね?

これがMaxDynaの防炎性能です!

2.安心・安全の防炎性能

MaxDynaは炎や熱に対して着炎せず、炎が上がることがありません。
また生地が溶融しないので、肌に付着することで起こる火傷も防ぎます。

火気を扱う危険な現場から作業員を守る事ができますよね。

3.安心のコストパフォーマンス

一般的な作業服に防炎機能がつくと非常にコストが掛かる思いませんか?

MaxDynaはこのコスト問題を解決するために、製造工程から見直しを行いました。
その結果、高い安全性を保ちつつ、優れたコストパフォーマンスが実現できたのです。

MaxDynaの良さ、わかっていただけたでしょうか?

実際に当店でオススメしているMaxDyna防炎作業服はコチラです↓

MD9100 スタンダード防炎ジャンパー マックスダイナ

防炎ズボン 作業服 ワンタック マックスダイナ MD9150

ネックウォーマー 防炎 フリース素材 MD14000 マックスダイナ

MaxDynaは熔接など火気を扱う現場のハードワークに耐える安心の防炎アイテム。
しっかりと状況に応じた作業服を着用して、危険を未然に防ぎましょう!

アパレルバンク本店バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る