ユニフォームNEWS

ベルトの正しい切り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベルトの正しい切り方

おはようございます。佐藤です。

ベルトに関して、こんな経験をした人は多いのではないでしょうか。

買ったら良いけど、長くてハサミで切る必要がある。

そもそも、調整できるベルトではなく止むを得ず捨ててしまったなど。

皆さんも1度は経験をされた事があるかと思います。

ベルトはファッションの中で、非常に重要な役割を果たしてくれます。

特にビジネスマンの方は、カッターシャツをズボンに入れるのでベルトが丸見えの状態です。

デザインがお気に入りでも、サイズ感があっていないと台無しになってしまいます。

本日は、そんな失敗が起きないようにベルトの調節の仕方や切り方についてお話します。

ベルトの長さは調節できるのか

ベルトには様々な種類があります。

すなわち、長さが調節できるモノもあればできないモノもあります。

デザインを気に入っても長さが調節できないモノであれば、しっかり試着してから購入するべきでしょう。

ほとんどは調節できるように、バックルが取れるようになっています。

長さの調節の仕方は、金具を外してバックルを外す事が出来れば、後はベルトをカットするだけです。

ベルトは長めに作られているため、ほとんどの場合ベルトを切る必要があります。

ベルトの切り方について

それでは、ベルトの切り方についてご説明します。

ベルトを切るには金具を外す必要があります。

ハサミを使用しても良いですが、刃物なので少し危険です。

マイナスドライバー等、薄くて頑丈なものがあれば用意しましょう。

バックル部分を裏返すと、ベルトを閉じている金具があります。

金具を外すために、金具の部分とベルトの間にマイナスドライバー等を差し込んで、金具を外します。

差し込んで、ひねるように持ち上げると簡単に外れます。

ベルトが外れたら、ベルトを切る作業に入ります。

ベルトを丁度良い長さに切るために、一気に切らないようにしましょう。

自分が思ってる以上に、一気に短くなってしまいます。

短くなってしまわないように、約2cmずつ切りましょう。

また、斜めに切り口を入れてしまうとバックルに戻しても、すぐに外れてしまう可能性があるので、切り口はまっすぐ入れるようにしましょう。

自分に合った長さにしましょう

自分に合う長さにすることが大切です。

ベルトはファッションの一部として、重要なポイントです。

長すぎて、ベルトとしての働きができてない状態は避けましょう!

簡単に調節できますので、ぜひやってみてくださいね!

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!