ユニフォームNEWS

ヘルメットのインナーキャップの効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ヘルメットのインナーキャップの効果とは

こんにちは。佐藤です。

作業現場やバイクのツーリングなど、日頃からヘルメットを使用される方々の悩みの1つとしてあるのが、頭の蒸れの問題です。

蒸れるだけなら良いのですが、蒸れることによって、頭皮環境の悪化、汗の臭い、ヘルメットへの臭いの付着など、蒸れが引き起こす問題は様々です。

ちなみに、ヘルメットの臭いの効率的な取り方は下記に記載しておりますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ヘルメットの洗い方。仕事用のヘルメットの臭いが気になる。。。

そんな、ヘルメットから生じる悩みを解決してくれるのが、インナーキャップです。

意外と知られていない、ヘルメットのインナーキャップですが、1度着用したことがある方は手放せないぐらい快適なものだと思います。

本日は、ヘルメットインナーキャップのメリットを中心にお話していきます。

インナーキャップとは

ヘルメット装着時に、頭のインナーとして装着するのがインナーキャップです。

下記のような商品です。お気になる方は、見てみて下さい!

吸汗速乾機能付き、インナーキャップへ

インナーキャップのメリット

それでは、インナーキャップのメリットを紹介していきます。
夏冬関係なく使用できるので、おすすめですよ!

①汗による蒸れを防ぐことができる

インナーキャップの多くが吸汗速乾機能を備えています。

汗をすぐに吸い取ることによって、ヘルメット内で蒸れを防ぐことが出来ます。

②頭皮環境を整える

蒸れを防ぐことにより、頭皮環境の改善につながります。

ヘルメット装着が義務付けられていると、どうしても頭皮がベタベタしてきますよね。

少しでも頭皮ダメージを軽減できればうれしいです。

③冬は頭を温めるインナーキャップもある

夏の暑さを軽減するものもあれば、冬用のインナーキャップもあります。

熱を閉じ込める機能があり、冬場の作業を快適にしてくれます。

ハマー(HUMMER)発熱素材、インナーキャップ

④ヘルメットに臭いが付着するのを防げる

汗の蒸れを防ぎ、臭いが発生しにくい環境を作れるので、ヘルメットに臭いが付着するのを防ぐことができます。

100%防ぐことは難しいとは思いますが、軽減はできるかと思います。

サイズに関して

サイズが小さすぎてきつすぎると、装着時間が経過するにつれて、頭が痛くなる可能性があります。

メーカーごとに大きさや特徴は異なるので、ショップにお問い合わせして聞いてみるのが良いでしょう。

商品交換対応をしている所ですと、さらに安心です。

インナーキャップの種類について

最後にインナーキャップの種類について、ご説明致します。
実は型が、ヘッドバンド型のモノや、キャップ型のものなど様々です。

お写真で見て頂いた方が分かりやすと思うので、ざっとご紹介していきます。

①キャップ型

吸汗速乾機能付き、インナーキャップへ

②キャップ型

吸汗速乾機能付き、ヘッドキャップへ

③バンド型

吸汗速乾機能付き、ヘッドキャップへ

自分の使用用途に適したものを選ぶのが良いでしょう!

値段が高ければ良いわけではないので、機能をしっかりチェックしてみて下さい。

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!