ライフスタイル

Tシャツやスウェットを洗濯するときの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Tシャツやスウェットを洗濯するときの注意点

お気に入りのTシャツやパーカーが縮んじゃった。

こんにちは。佐藤です。

私は、過去にお気に入りのTシャツとパーカーを洗濯した時に縮んだことがあります。
両方とも限定もので、もう売っていなくて手に入れる事ができず、泣く泣く処分した経験があります。
せっかく慎重にサイズ選びをしてイメージ通りで気に入っていたのに、洗濯したら縮んでしまったらショックが大きいですよね。

今回はみなさんに私と同じような思いをしない為に、洗濯する時の注意点と縮んでしまった場合の対処方法を紹介したいと思います。

洗濯するときの注意点

生地の確認

洗濯機に入れる前に、まずは生地の確認をしましょう。
洗濯するTシャツやスウェットは、殆どに綿素材(コットン)が使われています。
綿素材のTシャツやスウェットは縮みが発生します。

「なぜ、洗濯すると縮んでしまうのか?」
それは、綿生地の繊維は引っ張られたら、元に戻ろうとする力が働くからです。
また、水分を含むと膨張し、乾燥機で短時間で乾燥させようとすると急激に元に戻ろうとする性質もあります。
そういった生地の特性から、元に戻ろうとし過ぎる為に、元の形より小さく縮んでしまうのです。

一方で、スポーツをする時によく使うTシャツやスウェットは何回洗濯しても縮んだりしませんよね?
それは、ポリエステル素材を使っているからです。

ポリエステル素材はシワになりにくく、洗濯しても縮みにくい頑丈な素材です。

洗濯表示の確認

お持ちのTシャツやスウェットに付いている洗濯表示のタグを確認しましょう。
水洗いマークが付いていれば、家庭での洗濯が可能です。
水洗いマークが×となっていたり、ドライマークがある場合は、家庭での洗濯ができないので、クリーニング店に依頼しましょう。
Tシャツやスウェットは殆どが家庭での洗濯が可能ですが、念のために必ず洗濯表示を確認しましょう。

手洗い

上の生地の特性について読んで頂けると分かりますが、綿素材は引っ張られると縮みます。
洗濯機で他の衣類と一緒に洗濯すると、絡み合って引っ張られます。
それが原因で縮みが発生します。

そこで、一番有効なのが、大事なTシャツやパーカーだけを手洗いで優しく洗ってあげることです。
脱水をする時も、ギューッと強く絞るのではなく優しく絞ってください。

洗濯ネットを利用する

さすがに毎日、手洗いで洗濯するのはめんどくさいですよね。
そんな時は洗濯ネットを使いましょう!
洗濯ネットは他の衣類と絡み合うのを防ぐ目的があります。

要は、他の衣類と絡み合って引っ張られるのを防げば、縮む心配もありません。

私は殆どの服を洗濯ネットに入れて洗濯してます!
お気に入りの物は、洗濯ネットに入れて洗濯しましょう!

乾燥機は厳禁

上でも書きましたが、乾燥機等で急激に乾燥すると、確実に縮みます。
Tシャツやスウェットを洗濯するときは乾燥機で乾燥させてはいけません!
できるだけ、風通しの良く、直射日光が当たりにくい場所に干して乾かすことをオススメします。

上の内容を実践すれば、縮みを防止する事ができます!
面倒かもしれませんが、お気に入りの物を長く愛用したいのであれば、根気よく続けましょう!

ここからは、万が一縮んでしまった時の対処法を紹介します!

縮んでしまった時の対処法

まずは以下の物を用意してください。

・コンディショナー(髪の毛用)
・Tシャツやスウェットが浸け置きできる桶かタライ
・38度前後のぬるま湯

用意するのはこの3つです。

まずは、桶に38度前後のお湯を入れてコンディショナーをたっぷり入れてください。
コンディショナーは「ジメチコン」という成分が入っているものを使ってください。

この「ジメチコン」は油に溶けない成分で、コーティング作用があります。
繊維同士の摩擦を軽減する効果があり、繊維を守る働きがあります。

コンディショナーがたっぷり入った桶に縮んだ衣類を投入します。
浸け込んだまま30分ほど放置します。
その後は優しく脱水して、風通しが良く、直射日光の当たらない場所に干しましょう。

私は、無地の白Tを上の方法で実践したことがありますが、本当に元に戻りました!
もし手元に縮んだ衣類があれば試して下さい!

まとめ

縮みを戻す方法を紹介しましたが、これはあくまで応急処置です。
衣類が縮まないように予防する事が大事です。

縮みを予防するための注意点をまとめると・・・

・洗濯する衣類の生地を確認する
・「家庭で洗濯できるかどうか」をタグを見て確認する
・優しく手洗いするか、洗濯ネットに入れる
・乾燥機の使用は厳禁
・天日干しを避けて、風通しの良い場所に干す

以上の注意点を守れば、それほど縮まず長く愛用できるでしょう。

絶対に私のような失敗をしないで下さい!!

少しの工夫で縮みを防ぐことができるので、ぜひ実践してくださいね。

アパレルバンク本店バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る