佐藤さんブログ

東京オリンピックの暑さ対策を考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2020年東京オリンピックでの暑さ対策は必須です!

こんにちは。佐藤です。

いよいよ今年2020年は東京オリンピックが開催されますね!
みなさんチケットの抽選結果はどうでしたか?
私は見事に全て外れてしまいました。

ただ、東京のホテルの値段が高騰してるのを聞いて大人しく家で見ようと踏ん切りがつきました。

会場で観戦する人にとっては、どうしても気を付けないといけないことがあります。

それは「暑さ」です。

東京オリンピックは7月24日~8月9日の約2週間にわたり開催されます。
日中に行われる競技が多いため熱中症などには充分に気を付けないといけません。

そこで今回は観戦中の暑さ対策についてまとめてみました。

観戦する人にはぜひ参考にして頂きたいです。

開催中の東京の暑さは?

オリンピックの開催期間中は恐らく一番暑い季節になると思います。
特に都心の夏は湿度が高くジメジメします。
さらに多くの人が観戦に来るので人の密集で熱気が増してさらに暑くなるでしょう。

屋外競技の暑さ対策は組織委員会でも課題として上がるくらい重要な問題です。

実は新国立競技場には空調設備がないと言われています。
オリンピックを開催するにあたり総工費の削減で空調を設置しないと決定しました。

ちなみに過去5年間の開催期間中の最高気温を振り返ると30℃を下回る日はありませんでした。
異常なほど気温が高くなる期間での開催となるため観客自身で対策をしないといけません。

暑さ対策に便利なアイテム

暑さ対策については、飲み物をたくさん飲んで直射日光を浴びすぎないように帽子やサングラス・日よけのアームカバーなどで対策をしましょう。

それだけでは暑さを凌げないのも事実です。

そこで今回は体を根本的に冷やす画期的なアイテムを紹介します。

XEBEC 98010 空調服 ベスト フルセット

空調服 迷彩 ベスト 男女兼用 バッテリーセット

この商品は工事現場などで着用されている空調服といいます。
服の両脇に穴が空いており、そこに専用のファンとバッテリーを装着すると涼しい風が衣服内に取り込まれます。
この空調服を着ると着ないとでは感じる暑さが全然違います。

また、空調服は断然ベスト型がオススメです。
その理由は袖がないことで、脇の下にあるリンパを集中的に冷やすことができるからです。
オリンピック観戦には半袖の空調服よりもベスト型が断然オススメです。

毎年5月には売り切れるので、早めにゲットしておくのがベストです。

夏のスポーツ観戦は快適さが一番大事

今年も厳しい暑さが予想されていますが暑さ対策はしっかり行いましょう。
暑さ対策に必要なことは次の3つです。
・水分・塩分の補給をまめにする
・直射日光を避ける(帽子やサングラスなど)
・体を冷やすこと(空調服を着用する)

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

RSS ユニフォーム大辞典佐藤マガジン