ユニフォームNEWS

ベンチコートのおすすめ3選、失敗しない選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ベンチコートのおすすめ3選、失敗しない選び方とは

こんにちは。佐藤です。

まだまだ暑さが残る8月中旬ですが、アパレル業界では、冬服の準備が着々と進んでいます。

夏服がセールになっているお店も多くあり、秋冬系が店頭に並び始める季節です。

皆さんは、衣替えの準備はできていますか?

冬の寒さをしのぐ防寒具として重宝されるのが、ベンチコートです。

スポーツ観戦や、作業現場、アウトドア行事、フェスなど活躍の場所は多岐にわたります。

最近では、色々なメーカーからベンチコートが発売されており、どれにしようか迷うこともあるかと思います。

本日は、それぞれの機能や丈の長さなど、ベンチコートを選ぶポイントで大切な部分を紹介したいと思います。

自分に合った用途で、選んでみて下さいね!

ベンチコートとは

防寒具の1種です。膝下まで丈があるものが主流で、寒さをしのぐための工夫がされています。

元々は、スポーツ現場で着用されていたもので、試合時に控えの選手が着用していたため、ベンチコートと呼ばれるようになりました。

体の熱を逃がさない、また体温冷やさないように作られているものなので、防寒具として活躍することは間違いなしですね。

ベンチコートを選ぶ際にチェックするポイント

それでは、チェックするポイントについて話したいと思います。

①ダウンコートとボアコートについて
ベンチコートには2種類あります。

ダウンコートは、ボアコートに比べ防寒性や保湿性に優れています。
ボアコートはダウンコートに比べ、防寒性は劣るものの、軽量で動きやすく、価格も安めに設定されています。

②ブランドやメーカー
自分のお気に入りブランドがあるなら、ブランドで選ぶのも良いでしょう。

ノンブランド商品と比べて、少し高価にはなりますが、基本的にスポーツ現場を想定されて作られている、ベンチコートが多いので、品質は高いです。

③丈の長さ
ベンチコートは膝下まで丈があるものが主流です。

動きやすさや、ウォーミングアップをする為にお買い求めになる場合は、膝下までないものを選ぶのもありかと思います。

④ジッパーとボタン

ジッパーとボタンの2段構造になっているモノの方が、風を通しにくく防寒性に優れていることが多いです。

また、ジッパーはダブルジッパーのモノを選ぶと開け閉めする際に、熱が逃げにくいのでおすすめです。

おすすめのベンチコート3選

コスパ重視のおすすめベンチコートをご紹介します!

ぜひ、ベンチコートを選ぶ際の参考にして下さい。

①驚きの軽さと保湿力

商品ページへ

軽さが人気の商品です。軽いのに暖かいという声を多数頂いています。

①ジッパーとボタンの2段構造

商品ページへ

ジッパーとボタンの2段構造となっています。コスパ重視の商品の1つです。

③子どもサイズにも対応、裏ボア素材

商品ページへ

ベンチコートで冬に備えよう

いかがでしたでしょうか。

まだ、夏で暑い日々が続いていますが、あっという間に冬はやってきます。

今から準備しておくぐらいで、ちょうど良いと思います!

今年の冬は、ベンチコートで乗り切りましょう!

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!