ユニフォームの選び方

Tシャツの選び方のコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Tシャツの選び方のコツとは

おはようございます。佐藤です。

突然ですが、皆さんはどうやってTシャツを選ばれていますか?

年間を通して使えるTシャツですが、特に夏はTシャツ1枚でお出かけする機会が増えると思います。

そんな時に、鏡にうつった自分を見て、いまいちフィットしていないなーと思ったことはないでしょうか。

実は、私もTシャツの選び方を工夫する前までは、頻繁に思ったようなTシャツに出会うことが出来ませんでした。

思ったより色落ちが早かったり、シワになったり、薄手で透けて見えたり等の悩みは尽きません。

特にネットショッピングだと実物を見れないので、イメージがわきにくいですよね。

本日は、できる限り自分の理想のTシャツを選べる方法について、お話します。

今日で、Tシャツ選びに失敗するのは終わりにしましょう。

Tシャツの厚さについて

まずは、基本のTシャツの厚さです。これが皆様の中で、最もギャップが大きいのではないでしょうか。

ネットショップのレビュー欄で、思ったより生地が薄かったなどのコメントをよく見かけます。

そんなときに必ずチェックしてほしいのは、生地の厚さを示す単位のOZ(オンス)です。

これで、大体の生地の厚みが分かりますので、しっかり覚えておきましょう。

以下が例になります。

それぞれのOZの活用例/h3>

3~4オンス

一般的には、薄手のシャツとされています。白だと少し透けるのが気になるぐらいでしょう。

色付きであれば、非常に透けるという事はないかと思うので、気にならない方はまとめ買いしてしまっても良いでしょう。

クラスTシャツや学園祭のイベントTシャツなどコスパ重視の時に使用することが多いです。

また、インナーとしては大活躍します。

4~5.5オンス

最も、皆様に馴染みのある厚さのTシャツかと思います。

厚すぎず、薄すぎずでそこそこのクオリティを担保できているでしょう。
バーゲンセールなどしていると、私はすぐに買ってしまう厚さです。笑

私服で1枚持っておくと活躍することは間違いなしです。

5.6~7.0オンス

ヘビーウェイトと呼ばれる、一般的に言う厚手のシャツです。
耐久性にも優れており、実用性が高くなります。

型崩れがしにくいのが特徴です。

8オンス~

8オンス以上になると、非常に厚手となります。
作業現場で使われるTシャツなど、耐久性と実用性に優れています。

Tシャツ丈について

もう1点、Tシャツがうまく決まらない理由が丈です。

袖丈や着丈に関しては、必ず自分に合った服を選びましょう。

袖丈は長すぎない。上腕二頭筋が半分ほど隠れるぐらいが良いでしょう。

着丈は、ベルトが全て隠れないぐらいが丁度良いです。

着丈が長いと、シルエットがだらっと見えてしまいます。

最近は、大きめのTシャツをだぼっと着用するのが流行ってはいますが、少し間違えるとだらしないだけで終わってしまいます。

無難なのは、清潔感のある着丈を意識して着用することです。

自分に合ったTシャツで快適な生活を

いかがでしたでしょうか。色々とお伝えはしましたが、最終的には自分が良いと思った服を買うことが大切です。

しかし、上記2点は、最低でも意識しておいて損はないと思ったのでお伝えしました。

次にTシャツを選ぶときは、失敗がないように厚さや丈に注意をして選んでみて下さいね!

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!