佐藤さんブログ

革財布の傷の消し方。革製品に傷がついた時の対処法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

革財布の傷の消し方。革製品に傷がついた時の対処法。

革製品を日頃から使用していると、傷がついてしまうことありますよね。

軽い傷でしたら、指で撫でると消える時もありますが、ほとんどの場合簡単に消えない傷です。

どうやったら革製品の傷を消せるのか、対処法をお伝え致します。

1.革の種類を確認

正しく革の傷を消す為にも、革の種類を確認しましょう。
革の種類によっても対処法は異なるので注意が必要です。

傷の対処をする場合、革の種類は大きく3つに分類されます。

オイルレザー、スエード、ヌメ革の3つです。

オイルレザーは、革を鞣す際にオイルを染み込ませ、耐久性としなやかさを強めたものです。
多少の傷も革の味になるので、あまり気にならないかもしれません。

スウェードとは、合成皮革の一種で、鞣した皮の内側をサンドペーパーなどで磨いて起毛してあるものです。

ヌメ革は、ヌメ革はピット層植物タンニンで鞣した革の事を指します。
植物の渋に含まれる植物タンニンを使って、皮を鞣します。
表面処理や型押しなどをほとんど行わないので、傷痕やシワ、毛穴、血管などもそのまま残ります。

このように傷に対処する際の皮の種類は3つに分かれています。

2.オイルレザーの場合

まずは、布やブラッシングをして汚れや傷部分を拭いていきましょう。
これで傷が消えれば、軽い傷です。

それでも傷が消えない場合は、クリームを使用します。
クリームを使用する際の注意は、塗りすぎない事です。
1円玉より少し小さいぐらいで、クリームを取り薄くのばしていくのがコツです。

クリームを塗り終わったら、数時間乾燥させてから、布で余分なクリームを拭き取ってください。

それでも取れない場合は、レザーマニュキュアを使用するのも手段の1つです。

3.スエード生地の場合

スエードは、基本的にブラッシングだけで傷が消えるケースが多いです。
豚毛のブラシがおすすめです。ブラシに使用されている動物の毛によって硬さが異なるので、必ず確認して下さい。

スエードの手入れに、クリームやオイルの使用はしないようにして下さい。

4.ヌメ革の場合

ヌメ革はオイルレザーよりも傷つきやすいです。
手入れもオイルレザーより慎重に行いましょう。

基本的にはオイルレザーの手入れ方法と同じ流れで、ブラッシングをして汚れやホコリを落としてから、クリームを塗ります。
可能な限り、傷を消す為のクリームの使用は控え、指の腹やブラッシングで傷を消す事をおすすめします。

5.まとめ

革製品の傷を消す際は、革の種類によって対処法が異なります。

基本的には、オイルレザー、スエード、ヌメ革の3つの対処法で充分だと思います。

革製品を長持ちさせる為にも、正しい手順で川の傷を消して下さいね。

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

RSS ユニフォーム大辞典佐藤マガジン