ライフスタイル

簡単にできる毛玉の取り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

簡単にできる毛玉の取り方

こんにちは。佐藤です。

Tシャツやカーディガン、ニットやコートなどの衣類にできる毛玉。

せっかくのお気にいりの1枚が毛玉だらけだと台無しですよね。

夏場だと、Tシャツに毛玉がついているとかなり目立ちます。

本日は、自宅でも簡単にできる毛玉の取り方をいくつかご紹介します。

自分に合った用途の毛玉の取り方をして下さい!

毛玉ができる原因は

毛玉ができる原因は、衣類の摩擦です。

衣類の脇や、リュック等ですれる背中や肩などに毛玉がよくできるという方も多いのではないでしょうか。

生地同士が擦れることで、静電気が発生し繊維が絡み合うときに毛玉ができます。

毛玉ができやすい素材

ポリエステルやウールなどは毛玉ができやすいです。
シルク、コットン、麻は毛玉できにくいと言われています。

ニットに毛玉ができやすのは、生地の問題ですね!

毛玉の取り方

それでは、毛玉の取り方についてご説明致します。
中には、衣類が傷つく可能性がありますので、自分に合ったモノを選んでください。

スポンジ

食器洗い用のスポンジで、毛玉は簡単に取れます。

スポンジの固い面を使用します。スポンジの固い面は不繊布研磨剤です。

毛玉がある部分にスポンジの固い面を当てて、軽い力で撫でます。

この方法は生地に傷がつきやすので、必ず表面を優しくなでることを心がけて下さい。

また、ニットを毛羽立ててしまう可能性があり、再び毛玉ができる原因になります。

お気に入りの服には使わないことをおすすめします。

カミソリ

毛玉がある部分にそっとT字カミソリで撫でます。

刃を立てずに、力をいれずに優しくなでることで、毛玉がとれていきます。

毛玉取り器

当たり前ですが、毛玉取り器も使えます。

服に傷がつきにくく、最も安全に取れる方法の1つです。

スポンジやカミソリも自宅で簡単にできる、おすすめの方法ですが、
特に急ぎでなければ、毛玉取り器をおすすめします。

毛玉の予防について

毛玉を取るという事は、衣類にダメージを与えてしまいます。
また、毛玉が再度できやすくしてしまいます。

その為、できるだけ毛玉ができることを予防しましょう。

いくつか毛玉の予防方法についてご紹介します。

①洗濯機の適正量を守る

洗濯機に無理矢理衣類を入れてしまうと、余計に摩擦が生じます。
それにより、毛玉ができやすくなるので、適正量を守りましょう。

②洋服用ブラシをする

衣類を着た後に洋服用ブラシをして、繊維の毛並みを揃えます。
毛並みを揃えることで、絡まりにくくなり毛玉になるのを防ぐことが可能です。

③洗濯ネットを使用する

こちらも洗濯物同士の摩擦を防ぐために使いましょう。
ニットなど毛玉ができやすい衣類に使うことをおすすめします。

毛玉を取る前に、予防に力をいれる。

毛玉を取るという事は、服にダメージを与えてしまうという事です。

その為、毛玉ができる前に予防をしっかりしましょう。

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

RSS ユニフォーム大辞典佐藤マガジン