ユニフォームの選び方

白Tシャツの汚れ落としについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

白Tシャツの汚れ落としについて

おはようございます。佐藤です。

お気に入りの白Tシャツが汚れてしまった。。

皆さんも1度は経験があると思います。

白Tシャツは色々なカラーに合わせれて、夏場大活躍間違いなしの1着です。

しかし、活躍の場が多いからこそ、汚れることも多々あります。

ソースを飛ばしてしまってシミになったり、長く使って黄ばんできたりなど、汚れの種類も様々です。

そんな時に対処方法を知っていれば、服を捨てずに済みますよね!

ぜひ、汚れの取り方を覚えて、お気に入りの1着を長く使ってください。

汚れの原因を知ろう

汚れと言っても、様々な汚れがありますよね。

黄ばみ、シミ、インク汚れ、油汚れなどがあります。
特に、シミには色々な種類があります。

汚れを落とす為には、汚れの原因を知る事が重要です。

本日は、黄ばみと油汚れについてお伝えします。

黄ばみについて

Tシャツの黄ばみの原因は、皮脂汚れです。

この皮脂汚れとは、汗に含まれる皮脂です。

よく汗をかく、襟元や脇、首裏などに黄ばみはできやすいです。
カッターシャツを着ていて、襟元がよく黄ばんでますよね。

皮脂汚れは酸性ですが、液体洗剤は中性が多いです。

その為、頑固な皮脂汚れを落とすのは難しいです。

では、実際に黄ばみの落とし方をご紹介します。

黄ばみの落とし方

酸素系漂白剤をと付け置きできる容器を用意します。

酸素系漂白剤は、色素を含んだ汚れを分解する力があります。

汚れを分解するので、色柄落ちの心配がありません。

軽い汚れの場合は、酸素系漂白剤を汚れの部分に塗り、そのまま洗濯機に入れます。
これで、ほとんど汚れが落ちます。

汚れがしつこい場合は、付け置きしましょう。

40度程のお湯を容器に入れて、汚れに漂白剤を塗ったTシャツを入れます。

1時間ほどつけ置きしたら、そのまま洗濯して下さい。

油汚れについて

洗い方は2通りあります。
まず、軽い油汚れの場合は、固形石鹸をご用意下さい。

固形石鹸はケイ酸塩配合のものにして下さい。

40度ぐらいのお湯で、軽く表面の汚れを落としてから、石鹸を泡立てて手洗いして下さい。

ただし、素材によっては合わない場合がありますので、注意が必要です。

次にクレンジングオイルを使った方法をお伝えします。

頑固な汚れの場合はクレンジングオイルがおすすめです。

汚れている部分にクレンジングオイルを垂らし、タオルでポンポンと叩くように汚れを取っていきます。

その後、35度ぐらいのお湯でもみ洗いをして、洗濯機で洗って下さい。

これでも、落ちない場合はクリーニングに出す方が良いでしょう。

お気に入りの服を長持ちさせよう

実は、自分でできるクリーニング方法は色々あります。

お気に入りの服が汚れても、焦らずに早めに対処する事によって、汚れは取れます!

長く着るためにも、日頃のお手入れを心がけましょう。

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!