佐藤さんブログ

工場勤務のメリットとデメリットを徹底紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

工場で働くメリットとデメリット

こんにちは。佐藤です。
年末が近づき街中もイルミネーションでキラキラしていますね。
会社でも年末に向けて納期が迫った案件をクリア数為に慌ただしくなっています。

ここ最近は工場で働く人をピックアップしていますが
今回は工場で働く事のメリット・デメリットを徹底的に紹介したいと思います。

メリットだけでも膨大な量になりますので、今回はメリットのみを紹介していきます。

メリット

工場で働くことで得られることはたくさんあります。
これから工場で働こうと考えている人は参考に参考にして下さい。

学歴関係なく入社しやすい

工場で働く仕事はサラリーマンと比べると比較的採用されやすいメリットがあります。

学歴不問の場合がほとんどで、中卒、高卒の人などたくさん働いています。

なぜ中卒や高卒でも働けるかと言うと、工場勤務は技術職でもあるので
若い人は物覚えが早く成長の伸びしろがあるので積極的に採用されています。

本音を言うと、社会常識などもそれほど厳しく審査されることはないので、多少一般常識から外れてるような人でも入社できたりするようです。
もちろん企業で努める以上ある程度の審査基準はありますが、「総じて受かりやすい」というのは間違いないのではないかと思います。

また、最近では外国人や、障害者積極的に採用している工場もあります。
人手不足が原因でもありますが、働きたくても働き口が無い人をサポートする枠割も担ってます。
工場だと単純な作業が多い事もあるので、言葉が通じなくてもある程度理解してもらえます。

会話が苦手な人でも働きやすい

工場での勤務内容にもよりますが、主に工場では作業に集中しなければならないので他の会社に比べて会話が少ないです。
営業の仕事や接客業は特にそうですが、コミュニケーション能力が求められることが多いですよね。
お客さんとの会話はもちろん、会社内で上司や同僚と仕事のやりとりをするのが日常的なはずです。

しかし工場の仕事の多くはライン作業と呼ばれる流れ作業です。
決められた一定の作業を淡々とこなしていくだけの作業ですから、必要以上の対話をする必要はありません。
全くしゃべらなくていいとわけではないですが、高いコミュニケーション能力を求められたりはしませんので、対話が苦手な人でも安心して働ける仕事なんです。
先程も言いましたが、言葉の壁は無いに等しいので外国人や障害者でも働きやすいのが工場のメリットです。

10代から高給で働ける

工場勤務の一番のメリットかもしれません。

サラリーマンなど企業に勤めた場合は、初任給もそこまで高くありません。
特に学校を卒業した10代の場合、大卒の人に比べるとさらに低くなります。
しかし工場の仕事、特に自動車メーカーのような大企業での仕事の場合は、10代から高給で働ける可能性があります。
新社会人の月収は20万円を切ることもざらですが、工場の場合10代から月収約30万円ほどを稼ぐ事も可能です。

工場では中卒や高卒でも働く事が可能です。
工場勤務は技術職でもあるので若い人は物覚えが早く成長の伸びしろがあるので積極的に採用されています。

10代のうちから稼ぎたい人や、働き口がなかなか見つからない人は工場で働く事をオススメします。
残業代もしっかり出るところが多く、有給消化率も平均より高いので働きやすい環境の向上が多いです。

超大手企業で働ける

有名企業で働くには学歴やスキルが高くないと入社する事が出来ません。
良い大学を出て社会経験と社会勉強をしても入社するのはごく一部の人だけです。
それだけ狭き門なのです。
しかし、自動車メーカーなどの製造業の場合は少々事情が違ってきます。
大手自動車メーカーの場合、工場勤務の従業員を大量に採用します。
世間一般では、大企業に勤めると「経歴に箔がつく」と言われています。
友人や親戚にどこで働いているか聞かれた場合も、堂々と言えます!

これからの働き口が決まってない人には、工場で働く選択を考慮してみるのもオススメです!

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

RSS ユニフォーム大辞典佐藤マガジン