佐藤さんブログ

名刺入れとカードケースの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスマンの必需品名刺入れとカードケース

こんにちは。佐藤です。

春を迎えて新社会人になった人も多くいるかと思います。
初めてのことばかりで苦労するかもしれませんが、その経験が今後大切になるので落ち込まずに頑張ってください!

さて今回は名刺入れとカードケースの違いについて、名刺入れとカードケースの特徴も踏まえながら紹介していきたいと思います。

1 名刺入れとカードケースの違いは?

まず、名刺入れとは何でしょうか?
名刺入れについて考えたことはありますか?
同様にカードケースについても考えたことはありますでしょうか?
名刺入れとカードケースの違いをご存じですか?

1-1 名刺入れとは

まず初めに名刺とは、自分の情報を相手に知ってもらうための小型のカードです。
初対面の相手に自分の情報を簡潔に分かりやすく伝えるためのアイテムです。

名刺はビジネスツールとして必需品なのです。

最近ではスマホアプリやSNSを駆使して、名刺を持たないビジネスマンもいますが、
この名刺交換は今後も途絶えることなく続くでしょう。
そんな名刺を収納するのに用いられるのが「名刺入れ」です。

名刺入れとは複数枚の名刺を持ち運び、名刺が折れ曲がったり汚れたりするしないよう収納するアイテムです。
名刺入れを使わないという方もいるかもしれませんが、名刺を財布やポケットから取り出して渡したり名刺が汚れていたり曲がっていたら失礼そのものです。

そんなトラブルを未然に防ぐために名刺入れが必要になります。

1-2 カードケースとは

カードケースとはその名の通り、カードを収納するケースです。
クレジットカードやキャッシュカード、免許証や保険証など様々なカードを収納できます。
財布の中じゃ納まりきれない時にカードケースを使う事が一般的です。

2 名刺入れの選び方

名刺入れを選ぶときのポイントとして3つ重要なのが【マチの有無】・【材質】・【カラー】です。
それぞれのポイントについて紹介していきます。

2-1 マチの有無

名刺入れを選ぶときは、初めに名刺を何枚持ち歩く予定か考えましょう。
ざっくりとで大丈夫ですので枚数を想定しておきましょう。
名刺入れのマチの形状により入る枚数が変わってきます。
新入社員の方は、名刺交換の場面がとても多いのでマチの幅が広い名刺入れを持つのがベストです。

2-2 材質

マチの幅が決定したら次は材質を選びましょう。
名刺入れは【革】・【アルミ】・【プラスチック】が主流です。
この3つの中でも【革】が最もポピュラーです。
ビジネスシーンを想定した時、最も無難な素材は革です。
アルミ素材などは、上級者向けと捉えても構いません。
名刺入れの選び方で失敗したくない人は革素材を選びましょう。

2-3 カラー

実は名刺入れのカラーは重要じゃなさそうで重要なのです。
名刺交換をした際に相手の方が派手なビビットカラーの名刺入れから名刺を取り出したらどうしますか?
正直に言うとビックリしませんか?

第一印象で相手にインパクトを与えるには方法としては正解ですが、この手法は熟練者向けです。
一番無難でオススメなのが【ブラック】・【ネイビー】・【ブラウン】・【深緑】など、落ち着いたカラーです。

3 まとめ

名刺入れはビジネスシーン最初に目が留まるところでもあります。
見ていないようで見られていますので、あまり攻めすぎず落ち着いたカラーを選びましょう。

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

RSS ユニフォーム大辞典佐藤マガジン