ライフスタイル

パーカーを上手く着こなすコツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みんなが大好きなパーカー

こんにちは。佐藤です。

みなさんはパーカーを1着は持っていますよね?
そのパーカーの色は何色ですか?

定番のグレーや奇抜なピンクなどさまざまなカラーで楽しめるのがパーカーの良いところです。

そこで今回は、パーカーを上手く着こなすコツを紹介したいと思います。

大人っぽさを意識!

パーカーを着るときに気を付けたいのが、子供っぽくならない事です!
パーカーはスポーティーなので、スタイルを間違えると子供っぽく幼く見えてしまいます。
20代であれば問題ないですが、30代になると女性から受け入れてもらいにくくなります。
パーカーを着るときは、プリントの主張が弱いパーカーで落ち着いた色のパーカーを選びましょう。

ダボダボではなく、スッキリとしたスタイル

パーカーを着た時のシルエットもとても重要です。
最近はオーバーサイズを着るのが流行ってますが、似合う人は限られています。
攻めたファッションをしない限りはジャストサイズのパーカーをオススメします。

落ち着いたカラーを着用しよう

パーカーは1枚でスタイルが決まるアイテムなので、あまり奇抜なカラーでなく
落ち着いたグレーやベージュなどスタンダードなカラーがオススメです。
スタイルにもよりますが、上手く着こなすには派手目なカラーは控えましょう。

オススメのパーカー

GILADAN 88500 パーカー メンズ 裏起毛 プルオーバーパーカー
8.4オンスと比較的薄めなパーカーなので、アウターの下に着ても着膨れせずスタイリッシュさを保てます。

パーカーは子供っぽく見えてしまうアイテムなので、コートやジャケットの下に着ることで大人っぽさがグンと上がります。
ジップパーカーを着る場合は、中にシャツを着ると大人っぽくなります。

シンプルイズベストはどの時代でも揺るぐことのない定番のスタイルです。
この冬は大人っぽさを意識したパーカースタイルに挑戦しましょう。

アパレルバンク本店バナー

まずはお気軽にお電話下さい!

RSS ユニフォーム大辞典佐藤マガジン